Japanese Classical Literature Audiobooks

by Kaseumin · · · CC BY-NC-ND 2.0 · 13 subscribers

From Tale of Genji to I am a Cat, Japanese literature awaits you to soothe your heart. Sometimes from foreign literature...

" In Soseki's heart, nature and people are interwoven with." Torahiko observes.

more...


Tags: arts, japonais, literature, education/language courses, japanese, language courses, education, arts/literature

Older Episodes

This recording was made possible by the support from my club 南風舎 at Patreon.このエピソードは、私の私的文学クラブの皆様の応援によります。ここに感謝の意を表します。 Transcript 皆様こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。「その発祥から屍臭の漂う学問であった」、と三島由紀夫が言う学問は何かご存知ですか。シシュウと言うのは、ここでは死んだ人の身体、屍の臭いの事です。答えは民俗学です。今回は、日本人の魂を追ったフィールドワーカ
Hello, Kasumi Kobayashi here. Today, I’d like to introduce my Patreon club, 南風舎. Patreon site is the only place I’m expressing my feelings and emotions, together with readings. And keeping all of my new audiobooks. Spoiler alert ! The ma
ある日ソクラテスは食事に招かれ、夜も既に更けてから帰宅しようとしていた。… Text : 『ギリシア奇談集 (岩波文庫)』第9巻二九 ソクラテスの豪胆と無欲 Original text : Poikile historia (9-29) by Aelianus I sometimes wish I could be more disinterested in kimono ...but then there are so many beautiful ones !...
A poem by Wang Wei (Chinese: 王維; 699–759)from Tang dynasty (618–690, 705–907) 王維 酌酒與裴迪 (読み下し文) 酒を酌みて裴迪(はいてき)に与う 酒を酌んで君に与う 君自ら寛うせよ人情の翻覆 波瀾に似たり白首の相知も 猶劍を按じ朱門の先達 彈冠を笑う草色 全く細雨を經て濕い花枝 動かんと欲して春風寒し世事は浮雲 何ぞ問うに足らん如かず 高臥し且つ餐を加えんには (現代語訳) 酒をついで君に差し上げる。君、気分をゆったりさせたま
夢十夜 第一夜 こんな夢を見た。 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。…… e-text at Aozora Bunko: (http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/799_14972.html)
![](http://feeds.feedburner.com/~r/JapaneseClassicalLiteratureAtBedtime/~4/6uMgmPkV5Do)
![](http://feeds.feedburner.com/~r/JapaneseClassicalLiteratureAtBedtime/~4/SeouasvmHbo)
![](http://feeds.feedburner.com/~r/JapaneseClassicalLiteratureAtBedtime/~4/o17la_1eklw)
This recording was made possible with the support of members at Patreon. 港 ( ボードレール 富永太郎訳 ) 港は人生の闘に疲れた魂には快い住家(すみか)である。空の広大無辺、雲 の動揺する建築、海の変りやすい色彩、燈台の煌き、これらのものは眼をば決して 疲らせることなくして、楽しませるに恰好な不可思議な色眼鏡である。調子よく波 に揺られてゐる索具(つなぐ)の一杯ついた船の花車(きやしや)な姿は
「三尊四天王十二童子十六羅漢さては五百羅漢、までを胸中に蔵めて鉈小刀に彫り浮かべる腕前に… …木曾路に入りて日照山桟橋寝覚後になし須原の宿に着にけり。」 E-Text is available at Aozora bunko
![](http://feeds.feedburner.com/~r/JapaneseClassicalLiteratureAtBedtime/~4/fXeVTJuMNPs)
![](http://feeds.feedburner.com/~r/JapaneseClassicalLiteratureAtBedtime/~4/g-V2QvsC_d0)
This recording was made possible by the supporters at my private club. 雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ 慾ハナク決シテ瞋ラズイツモシヅカニワラッテヰル一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベアラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニヨクミキキシワカリソシテワスレズ 野原ノ松ノ林ノ蔭ノ 小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ東ニ病氣ノコドモアレバ&nb
This recording was made possible with the support of members at Patreon. The link to the book at Amazon.jp
Transcript Hello, I’m Kasumi Kobayashi. Thank you for listening Japanese classical literature audiobooks. Today, I’d like to introduce a new podcast created by Mme Miyuki Seguchi, who is a journalist and licensed guide. A couple of days ago, I had a
夢十夜 第一夜 こんな夢を見た。 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。…… e-text at Aozora Bunko: (http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/799_14972.html) * The complete audiobooks of Ten Nights of Dreams is available for the members of my Patreon si
第二夜 こんな夢を見た。 和尚の室を退がって、廊下伝いに自分の部屋へ帰ると行灯がぼんやり点っている。片膝を座蒲団の上に突いて、灯心をかき立てたとき、花のような丁子がぱたりと朱塗の台に落ちた。同時に部屋がぱっと明かるくなった。…… * The complete audiobooks of Ten Nights of Dreams is available for the members of my Patreon site.夢十夜の完全版は、Patreonサイトで会員の
第三夜 こんな夢を見た。 六つになる子供を負ってる。たしかに自分の子である。ただ不思議な事にはいつの間にか眼が潰れて、青坊主になっている。自分が御前の眼はいつ潰れたのかいと聞くと、なに昔からさと答えた。声は子供の声に相違ないが、言葉つきはまるで大人である。しかも対等だ。…… * The complete audiobooks of Ten Nights of Dreams is available for the members of my Patreon site.夢十夜の完
This is an intro of preface to the book "Gibbon in China" by Robert van Gulik. Complete version is available at my club. Stay safe !